【ティムバートン監督】アリス・イン・ワンダーランド

白いウサギを追い掛けて、迷い込んだそこは不思議の国。喋るお花に、へんてこなお茶会、赤が大好きなトランプの女王様。どこもかしこも、不思議なことだらけの世界で一人の少女が冒険する物語。だれもが幼いころに一度は読み憧れた童話の『不思議の国のアリス』その後日談的なストーリーがティムバートン監督のハリウッド映画『アリス・イン・ワンダーランド』です。

不思議の国での冒険から13年の時が経ち、19歳になったアリスはパーティーで突然求婚され、あまりのことに驚いてその場から逃げだしてしまいます。それがきっかけとなり、アリスは再び幼いころに冒険した不思議の国に迷い込み、マッドハッターなど不思議の国の住人たちと再会を果たします。

しかし、13年前に訪れた賑やかで楽しげだった不思議の国の様子は一変し、そこは赤の女王が支配する暗い世界となってしまっていました。アリスはかつての不思議の国の姿を取り戻すため、マッドハッター達の力を借り、預言書に書かれた救世主として赤の女王に闘いを挑むことを決意します。

この映画はストーリーもさることながら衣装や小物、特殊メイクと見どころが溢れています。ハリウッド映画ならではといった画面の隅々までこだわった独特の世界観と、たぐいまれなる映像美はまるで視聴者を本当に不思議の国に迷い込ませてしまうかのようです。

また、日本では2016年7月に続編となる『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の公開も決定しており、再びアリスの冒険から目が離せなくなることでしょう。

続編『アリス・イン・ワンダーランド2』

『アリス・イン・ワンダーランド2』は、近年公開されたハリウッド映画の続編として製作されました。このアリス・イン・ワンダーランド2の... 気になる続きはこちら⇒